head
メニュー
ホーム

大阪府知事より

たくさんの舞台芸術を子どもたちに!

皆さん、「国際児童青少年演劇フェスティバル大阪〜たこたんフェスタ〜」が、昨年に引き続き、ここ大阪で、元気に賑やかに開催されます。
 このフェスティバルは、ソウルや台北、沖縄と連携し、同時期に開催される国際的な児童青少年演劇フェスティバルです。
 今年も、北欧、ロシア、インドネシア、イタリア、日本など、盛りだくさんの素晴らしい作品が用意されています。
 多くのこどもたちが、アジアの様々な場所で、世界の優れた演劇や人形劇などを鑑賞することで大いに感動し、また、セミナーやワークショップなどを通じて、たくさんのことを学び、考えることでしょう。
 大阪府では、「おおさか文化プラン」を策定し、子ども・青少年に文化芸術に親しむ機会を拡げ、心豊かな人格形成とともに、大阪の文化を担う人材の裾野拡大を図っています。
 さらには、誰もが、文化芸術に親しみ、参加することができる機会を拡充するなどして、文化に親しむ機会づくりを推進しています。
 次代を担う子どもたちの豊かな感性や創造力を育んでいくためのこのフェスティバルを、私たち大人も、一緒に鑑賞、参加することで、感動し、語らうことで、新たな感想が生み出されることでしょう。

 今後とも、皆さんが文化・芸術へ高い関心をもち、文化を身近に感じられるまちづくりを目指していきますので、ご協力をよろしくお願いいたします。


プロデューサーからの挨拶

昨年、大阪で初めて開催された国際児童演劇祭「たこたんフェスタ」は、手前味噌になりますが、多くの方々からお褒めの言葉をいただきました。特に、海外から参加された4劇団の作品のレベルの高さに感動された方が多く、そうした方々から、是非、今年のフェスティバルをお手伝いしたいという、ありがたい申し入れをいただき、関係者一同、うれしい気持ちでいっぱいです。今年も、海外からの参加作品が、早々と決まり始めています。現在、エントリーしている国は、ロシア、デンマーク、ドイツ、ブルガリア、イタリア、コンゴなどで、昨年を上回る数になりそうです。もちろん、私たちが目指しているのは数の多さではありません。何よりも作品のクオリティーを大事にしたいと考えています。

また、たこたんフェスタをTactanと今年から新しい英語表記に変えました。Tact(美を求める)an(人たち)という意味です。そうありたいと思う私たちの願いでもあります。

国際児童青少年演劇フェスティバル大阪 総合プロデューサー

大阪城サマーフェスティバル プロデューサー

松原利巳


芸術監督より

こども 未来 アジア「子どもたちが誇りを持てる大阪に」

たこたんフェスタは、2007年から大阪で開催している、子どもたちと青少年のための国際的な演劇フェスティバルです。 このフェスティバルは大阪と東アジアの各都市(沖縄、台北、ソウル)で行われているフェスティバルとネットワークし、広く世界から優れた質の高い作品を、若い観客とその家族のために集めています。

フェスティバルでは、こうした舞台芸術を通して子どもたちの未来を、家族と一緒に考えることを目指します。フェスティバルが行われるのは“大阪の中心”大阪城のほとりにある森ノ宮の劇場です。私たちは、この四季を通じて美しい、大阪のシンボルである大阪城のエリアで、皆さまをお待ちしています。

これらを大切にするフェスティバルがここ=大阪にあります。子どもたちや若者達が世界の優れた表現者達に触れることで、心豊かに育って行ってくれることを願ってやみません。家族が一緒に楽しめる、子どもから大人まで、共に喜び語らいあう良質な作品を今年も世界中から集めました。

2008年も国際児童青少年演劇フェスティバル大阪に、ご期待下さい!

 
芸術監督 中立公平


なぜ大阪なのか

大阪は古くから文化の町としてその名をはせてきました。
日本を代表する「食文化」、芝居や芸能などの「上方文化」は
歴史を越えてなお、今日でも息づいています。
しかし、老舗料亭の偽装や相次ぐ文化施設の廃止計画など
その現状は目を覆うばかり。

青少年の犯罪が多発する大阪。卑劣な子どもを狙った犯罪も
多くが大阪で起こっているという事実に私たちは声を上げなければなりません。
文化の衰退と犯罪の増加、凶悪化は本当に関係ないことなのでしょうか?
そんな時代に、私たち「国際児童青少年演劇フェスティバル大阪」は昨年、
その産声をあげました。杜の都大阪城のほとりで始まった小さなフェスティバルは
遠く広く世界へとつながっています。

「世界中から優れた子どもたちへの舞台を招く」こと。そして、
「大阪から広く世界へ向け、優れた児童青少年向け作品を発信する」こと。
これが私たちの目指すものです。質の高い作品は子どもばかりではなく、
大人をも虜にする魅力を持っています。
大阪府は今年になって知事もかわり「子どもが日本一幸せな町」を
標榜しています。そして学力向上だけでなく、真の心豊かな未来人として
大阪から羽ばたく子どもたちの笑顔を私たちは思い描いています。
大阪から始めよう!真の豊かな人間同志の営みを!
「子どもたちが幸せな町」は、おとなたちも幸せな町。

Tactan2008を、あなたも応援してください!

国際児童青少年演劇フェスティバル大阪 Tactan2008芸術監督
中立公平 Kohey Nakadachi

フェスティバル作品詳細便利な情報Tactanより掲載記事協賛・後援問い合わせフェスティバル