head スケジュール 作品詳細 チケット 便利情報 お問い合わせ 構成団体 english
ホーム

さよならマフィンさん

劇団(団体)名など: シアター・リフレクション
国: デンマーク
ジャンル: 人形
対象年齢: 6歳以上
上演時間: 35分

マフィンさん

キャスト: クロース ・マンド、 エルス・アンカー モラー
(シアターリフレクションとシアターデ・ロード・ヒーストのために改作。)
演出: Bjarne Sandborg(ブジャール・サンボルグ)
脚本: クロース・マンド(Ulf Nilsson著、児童書「グッバイマフィン」の後)
人形/舞台美術: マリアン・アアガード、シレ・ヘルトフト助手
音楽: エルス・アンカーモラー
写真: ©ヤン・ルーズ


 モルモットのマフィンさんは7才です。むかしは、キュウリまるごと1本をかつげるほどの力もちでした。でも、今ではもうすっかりおじいさんです。毛は灰色になって、くたびれています。そんなマフィンさんのところに、ある日、1通の手紙が届きました。その手紙をきっかけに、マフィンさんは、いろいろなことを思い出し始めます。奥さんのビクトリアのこと、かわいい6匹のこどもたちのこと…。これまでの人生をふりかえり、自分がとても幸せなモルモットだったのだと気付くマフィンさん。でも、だんだん元気がなくなってきて…。
デンマーク演劇協会による2005、2006年 最優秀チルドレン・パフォーマンス賞を受賞し、世界各国で感動をよんだ作品が、ついに日本へやってきます。マフィンさんの一生を通して、“生”と“死”の意味を静かにあたたかく語りかけるデンマークからのおくりもの。“いのち”を考え始めるすべてのこどもたちと、元こどもたちのための素敵な作品です。


日本にいて、核家族化が進んでいく中で、子ども達が愛するものの「死」という悲しみ、痛みに触れることは大切だ。この作品は世界中のフェスティバルで絶賛されている。一匹の年老いたネズミの最期の数日の風景を淡々と描くだけで、そこにはとてつもない悲しみが浮かび上がるのだ。最期に演技者が、その人形のネズミを土に葬る時、あなたの心は美しい涙にぬれることだろう。シンプルなストーリーながら、深い人生の意味を問いかける作品。


シアターリフレクション

1990年に創立された、人形劇とアニメーションを扱う劇団です。 舞台全体にたくさんの驚きを盛り込み、細部まで美しく仕上げることを目標とします。作品では、視覚を通してコミュニケーションを取り、言葉はとても簡単です—ある時は全く言葉を使わないこともあります。作品の中で音楽は、しばしば話を伝える重要な要素です。 シアターリフレクションでは、一人一人の子ども達や、お客さんに本物の経験をしてもらえるように、それぞれの作品やパフォーマンスで、親密でデリケートな、雰囲気を作ることを目標にしています。 劇団はデンマークの他に、アメリカ、日本、ほとんどのヨーロッパの国々、そしてオーストラリアなど、海外でもツアーをしています。シアターリフレクションは 「グッバイマフィン」で多くの賞を受賞しており、2005、2006年のデンマーク演劇協会の最優秀チルドレン・パフォーマンス賞を受賞しています。
http://www.refleksion.dk


De Røde Heste(デ・ロード・ヒースト)

デ・ロード・ヒーストは1990年にクロース・マンドによって創立されました。この劇団は演劇において、物語の要素にフォーカスをあてています。 創立以来8つの作品を生み出し、その多くがソロ作品です。ショーの他に、デ・ロード・ヒーストは映画やテレビ、他の劇団の台本を書いています。
http://www.deroedeheste.dk


出演者バイオグラフィ

エルス・アンカー モラー(チェロ)
デンマーク・アーハスのロイヤル・アカデミ音楽学院でチェロ奏者として訓練を受け、プラグでその後学びました。デンマークにて多くのシンフォニーオーケストラでフリーで働いています。「グッバイマフィン」はエルスに取って舞台初体験となります。


クロース ・マンド (ストーリーテラー/人形使い)
1981年にカルフォルニア『マイム・コメディ、デルラルテスクール」で訓練をつみました。それ以降役者として、また舞台、映画、またテレビ作家として活躍してきました。彼はDe Røde Heste(デ・ロード・ヒースト)を創立し、そして「クロコダイル」や「ノアス・アーク」などの巨大なソロパフォーマンスを作品を生み出してきました。何年もの間クロースは“The Ballad of Marion and Rob” (ザ・バラッド・オブ・マリオン・アンド・ロブ)や、“Run Chicken Run” (ラン・チキン・ラン)や、また最近では「ザ・ボタン」でGruppe 38と共に活動してきました。


ブジャール・サンボルグ(演出家)
デンマークのアーハスにある、シアターアカデミーでPaul Roylance and Melany Thompson.のもと訓練を受けました。 彼はシアターリフレクションの創立者であり、芸術監督を別にすれば、彼が演出し、人形を操ります。


マリアン・アアガード(舞台美術/人形デザイン)
衣装と人形デザイナーとしての資格を取得しており、シアターリフレクションと1995年から契約しています。完璧主義のマリアンは、多くの驚きを含んだものを責任を持って作ります。 シアターリフレクションの他,マリアンはデンマークの多くの劇団に人形を作っています。


助成:

 

 

 

©2009 International Performing Arts Festival for Children and Young Audience . All rights reserved