head スケジュール 作品詳細 チケット 便利情報 お問い合わせ 構成団体 english
ホーム

国際シンポジウム2「アートとモラル」〜芸術作品をより深く、より正しく理解するために〜

このシンポジウムでは、様々な文化的背景をお持ちのアーティストをシンポジストとしてお迎えいたします。まず、シンポジストの方々には、芸術作品とモラル(守るべき規範と行動指針)についてのお考えを、エピソードやご自身の葛藤とともにご提示いただきます。このご提示をもとに、作品の創出過程をより深く理解し、問題点を共有していきます。また、作品を鑑賞する人々や作品を扱う関係者が持つべきモラル、さらにはこれらの人々に対して、アーティストが要求すべきモラルについても、会場の皆さんと議論を深めていきたいと考えております。ご参加の方々の積極的なご発言を期待しております。

コーディネーター:
高山 昇(日本大学、中部大学、広島国際大学、和光高校非常勤講師。社団法人パフォーマンス教育協会および国際パフォーマンス学会評議員、日本演劇学会演劇と教育研究会運営委員、日本演劇教育連盟常任委員。)

 

助成:
平成21年度文化庁芸術団体人材育成支援事業文化庁

財団法人大阪コミュニティ財団 「柏岡精三記念基金」

 

©2009 International Performing Arts Festival for Children and Young Audience . All rights reserved