TACT PLAY PARK
TACT PLAY PARK
TACT PLAY PARK

TACT/FEST の会期中の一日を、アートの果たす社会的役割を考える日と位置づけ、フェスティバルの参加アーティストはもとより、演劇関係者、大学、教育機関、おやこ、地域の団体、企業、一般市民を巻き込んでの国際シンポジウムを開催する。国際シンポジウムでは、アートフェスティバルが、地域と住民にどのような役割を果たし、共に発展していくためにはどのようにしたらいいか、について諸外国および国内の事例と比較しながら討議する。

 

Part1:こどもっておもしろい!? - 座・高円寺の5年間の取り組み -

出演 佐藤信(日本/座・高円寺 芸術監督)
インタヴュアー 小林由利子(日本/東京都市大学人間科学部児童学科教授)

 

Part2:国立組織のArts部門に女性が必要なわけ - 韓国国立劇団とスウェーデン国立劇場の取り組み -

パネリスト チェ・ヨンエ(韓国/韓国国立芸術大学 演劇学部 学部長・韓国国立中央劇団青年演劇研究センター 総括ディレクター)
フェリシア・マルムクローナ(スウェーデン/国立劇場プロデューサー)
司会:小林由利子(日本/東京都市大学人間科学部児童学科教授)  

 

Pert3:芸術で地域とリンクするための今後の展開

発表者全員参加によるフォーラム

 


開催概要

 

日時 9月15日(月)
 Part1 11:00 - 12:30
 Part2 13:30 - 15:30
 Pert3 16:00 - 18:00
会場 ナレッジキャピタル カンファレンスルームC
(うめきた・グランフロント大阪北館タワーC8階)
料金 入場無料
料金 ※18:30 より、ナレッジシアターにて『キャンプしましょう、おひめさま。』(コープス/カナダ)の上演があります。(有料)
クレジット 国際交流基金 地域リーダー・若者交流助成プログラム