日本を代表する吟遊詩人、生きている言葉。

友部正人ソロライブ『きりぎりすの歌』
友部正人ソロライブ『きりぎりすの歌』
友部正人ソロライブ『きりぎりすの歌』

第一回から連続で参加な唯一のアーティスト。ことばとこどもの幸せな時間を今年もどうぞ。

あらすじ:
息子がまだ小さいころ、父親は遊んで暮らしていると思っていた。毎日本を読んだりギターを弾いたり。
ほかの子の親が働き者の蟻だとしたら、ぼくは遊んで暮らすきりぎりす。
今回はそんなきりぎりすの40年間にわたる自作の歌を聞いてもらおうと思います。
友部正人

 

When my son is young, he thought his father was living in idleness.
Everyday, he read books and played guitar.
If others parents are hard working ants, I am a singing grasshopper.
I would like you to listen to the songs that grasshopper has written for 40 years.
TOMOBE Masato

 


公演概要

 

カンパニー名 友部正人 TOMOBE Masato(日本)
日時 9月10日(水)19:00
会場 近鉄アート館
ジャンル 音楽
上演時間 90分
対象年齢 制限なし
チケット料金 3,000円 
クレジット
提携:近鉄アート館

 


カンパニー紹介

 

友部正人 TOMOBE Masato 日本

1950年東京生まれ。高校卒業後名古屋の路上で歌い始め、72年「大阪へやって来た」でレコードデビュー。以降コンスタントにアルバムをリリースし、ライブも精力的に行っている。最新作「ぼくの田舎」(2013)まで23枚のオリジナルアルバムを発表。詩集、エッセイ集など著書も数多く刊行し、最新詩集は「退屈は素敵」(2010)。96年以降ニューヨークと日本を行ったり来たりの暮らしを続けている。